医療事務からのキャリアアッププラン ~診療情報管理士を目指す~【高卒でも大丈夫】

事務

医療事務からのキャリアアッププラン ~診療情報管理士を目指す~【高卒でも大丈夫】

 

この記事では

医療事務として働きながら診療情報管理士を目指していくという

キャリアアッププランについて解説します。

 

このキャリアアッププランを考える理由は

・診療情報管理士資格を受講する条件が
原則として2年制以上の短期大学または専門学校卒以上の学歴を有する者。
ただし、現在、病院に勤務している者は、当分の間、高卒者でもよい。

となっているからです。

つまり、2年制以上の短期大学か専門学校卒の学歴がない方でも

病院に勤務していれば資格受講の条件を満たすからという理由になります。

詳しく解説します。

医療事務を目指す【ステップ1】

医療事務とは

医療機関での受付や診療報酬の請求等を行う仕事です。

特徴としては

・比較的人気がある
・給料はやや低めの傾向
・請求業務だけではなく窓口対応、電話応対などの幅広い仕事をする必要がある
・月初めの請求時に残業が多くなる傾向
・病院やクリニックでの仕事なので休みが不定休になりがち
・報酬改定があるので継続した勉強が必要。

医療事務のメリット

・病院やクリニック勤務のため、景気に左右されず安定している

・一度キャリアを積めば、全国共通で通用するスキルとなる

医療事務を目指す方法

実は、医療事務で働くために資格は必要ありません。

しかし

・患者さんから同じ診療で金額が違う理由を聞かれた
・支払いが高額になるので何か方法がないか聞かれた

こういった事に回答していくためには知識が必要です。

経験者であれば問題ないですが

未経験であれば資格を取る必要があると考えます。

理由は医療事務が人気の職業だからですね。

資格取得にはユーキャンの医療事務講座をおすすめしております。
資料請求無料ですので、興味のある方は資料請求をしてみてください。

 

また、【事務職へ就職・転職を考えている方】持っていると有利な資格 11選

こちらの記事内でも医療事務について解説しておりますので

是非読んでいただきたいです。

診療情報管理士へのキャリアアップを目指す【ステップ2】

診療情報管理士とは

カルテや検査の記録、看護や手術の記録等を

管理・分析・各機関への情報提供等をする職業です。

診療情報管理士のメリット

・専門職のため、将来的にかなり安定していると言える
・診療情報管理士を配置することにより加算を算定できるので
病院側が必要な人材とともに、国としても必要な人材と考えられていると言える
・医療事務に比べると年収が高い傾向

医療事務と同じく、病院やクリニックでの勤務ですので

安定性や将来性は大きいです。

診療情報管理士を目指す方法

リンク:一般社団法人 日本病院会

こちらから通信教育を受けて試験に合格すれば

診療情報管理士となれます。

受講要綱は2020.11現在で

・受講期間  2年間
・受講料   220,000(税込)

となっております。

2年間の通信教育を経て試験に合格すれば診療情報管理士となれる
というわけですね。

まとめ(医療事務~診療情報管理士へのキャリアアッププラン)

一番重要なのが、冒頭でもお話ししましたが受講条件です

・診療情報管理士資格を受講する条件が
原則として2年制以上の短期大学または専門学校卒以上の学歴を有する者。
ただし、現在、病院に勤務している者は、当分の間、高卒者でもよい。

こちらになります。

現在、病院に勤務しているものは、当分の間、高卒者でもよい

この部分が重要です。

高卒者の方で、キャリアアップを悩んでいる方は

医療事務からスタートして診療情報管理士を目指す方法がある

ということですね。

病院などの医療機関で働くというのは

安定性においては公務員並ではないかと考えます。

まして、有資格者で一度キャリアを積んでしまえば

全国どこに行っても通用するという強みもあります。

是非、仕事の選択肢の1つとして考えてみてください。

 

事務職を目指している方はこちらの記事も参考にしてください。
【保存版】事務職を目指す方へのロードマップ【4ステップで事務職を目指す】

 


にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村